アメリカと日本でのエンジニアの扱われ方の違いを知ろう!

アメリカと日本のエンジニアの違いとは。アメリカで働きたいエンジニアを応援します!

アメリカで働きたいエンジニア講座

アメリカで働きたいエンジニア講座とは

アメリカで働きたいエンジニア講座とは

GoogleやApple、Facebookなど、世界に名高いIT企業が多いのがアメリカ。特にシリコンバレーは、ソフトウェアやネット関連の企業が多く誕生し、アメリカのIT産業を支え、世界中のエンジニアから見てもメッカとしてそのイメージを確立している。
そんなアメリカに渡ってエンジニアとして成功したいと考えている日本のエンジニアも多いことだろう。本サイトでは、そんなアメリカで働きたいと考えているエンジニアのために、アメリカのIT業界やエンジニアの給料など、取り巻く環境や状況などを解説している。渡米への一助としてほしい。

エンジニアにとってのアメリカとは

IT業界において、アメリカ企業の知名度は折り紙つきだが、そこで働くエンジニア達は日々どのように仕事をしているのか。エンジニアにとってのアメリカという国の状況を紹介していく。アメリカにおけるエンジニアの地位は日本では考えられないほど、とても高く、エンジニアを目指す人も急増している。それに伴い、本格的なエンジニア養成学校も増えており、国をあげてIT産業とその産業をささえるエンジニアの育成に力を注いでいる。しかし、実のところ日本のエンジニアのレベルがアメリカに劣っているわけではない。むしろ、日本の技術力を持って世界に出て行くべきである。 続きを読む

アメリカでエンジニアとして働く

エンジニアとしてアメリカで働き、世界を知りたいというエンジニアは少なくはない。作業員ではなく、創造者でありたいと願うエンジニアなら、なおさら魅力的にうつるだろう。日本に限らず世界中の才能に対してアメリカのIT産業は間口を開いている。一定以上の技術スキルと英語力を備えていれば、チャンスはあるだろう。ただし、国が違えば文化が異なる。エンジニアの才能をのばしやすい環境であることと、雇用環境が良いことはイコールではない。特に、従業員にやさしいウエットな日本社会からドライなアメリカへ渡るにおいては、雇用形態の違いはよく理解しておく必要があるだろう。 続きを読む

アメリカと日本のエンジニアの違い

Google、Facebookなど、IT 産業のメッカといえばアメリカである。エンジニア自身の質を比較した場合、日本がアメリカにそこまで劣るのかと言えばそんなことはない。アメリカでは才能に対する間口が広く、世界中から才能を仕入れていること、さらに、根本的な分母の差も否めない。しかし、エンジニア自身の質に大きな差がないとすれば、考えられる要因は、エンジニアを取り巻く環境である。日本のIT業界は、エンジニアの独創性の芽を育てる機会を与えず、人間とコンピュータ間の翻訳作業者に成り下げるような環境をつくってしまっているのかもしれない。 続きを読む

Copyright © 2014 アメリカで働きたいエンジニア講座 All Rights Reserved.