エンジニアにとってアメリカ、特にシリコンバレーとはどういうところなのか?

アメリカと日本のエンジニアの違いとは。アメリカで働きたいエンジニアを応援します!

アメリカで働きたいエンジニア講座

エンジニアにとってのアメリカとは の記事一覧

まず最初に、アメリカでのエンジニアは、どのように扱われ、どの程度のレベルで、どれくらい人気があるのかなど、アメリカのエンジニアについて日本と比較しながら詳しく解説する。そもそも、アメリカでは比較的早くからコンピュータに対する理解が進んでおり、エンジニアの印象が他国とは一線を画する。また、世界中で有名なIT企業が山のように誕生している。そこにはアメリカならではの文化や考え方が大きく寄与しているようだ。

エンジニアにとってのアメリカのすごさ

エンジニアにとってのアメリカのすごさ 世界中のエンジニアにとってシリコンバレーは特別な場所。いわゆる聖地だ。シリコンバレー以外でIT産業を成功させることは稀である。アメリカの新しいものを取り入れる姿勢が大きくかかわってると言えるだろう。チャレンジと新しいものを見逃さないアメリカ。常に新しいものが必要とされるエンジニアにとってはもってこいである。アメリカではどんな人たちでもコンピューターの技術を称賛し、そこへ向かう人への寛容な対応が見える。エンジニアを惹きつけるアメリカの魅力は、技術や研究内容だけではなく、取り巻く環境や文化、考え方そのものにあると言える。

日本のエンジニアはなぜアメリカに勝てないか

日本のエンジニアはなぜアメリカに勝てないか 日本のエンジニアの技術は高い。日本人の勤勉さも手伝って水準は高いものだといってもいい。なのに、なぜアメリカには勝てないのか。個々の能力ではなく日本の給与体制や、一定まで働いて結果を出している人への「昇格」に原因があると見えてきた。日本ではエンジニア→マネジメントな道筋がまだあるが、アメリカではエンジニア→エンジニアで、惜しみなく能力を発揮する、という考えだ。もちろんそこには日本の昇格よりも認められた給与が与えられる。企業側は、その技術が大きな利益を生み出すということを理解している証である。日本もそれを理解しなければ、大きくは変わっていけないのだ。

アメリカではエンジニア養成学校が急増?

アメリカではエンジニア養成学校が急増? アメリカでエンジニア養成学校が近年増えてきている。もともとエンジニアの地位が高いアメリカではあるが養成学校が急増することにはしっかりとした背景があるようだ。就職初年に年収が1,000万円を超えることが多々あるアメリカ。大手ともなるとエンジニアの年収は2,000万円にもなる。それに加えオフィス環境が整っていることなどが多くの理由のようだ。急増しているだけあって入学希望者が後を絶たないが、その倍率は10倍~20倍とかなり厳しい。やっとの思いで入学が決まれば大量の課題や厳しい授業で大変だが、どの学校も高い就職率を保っているため、多少厳しくても入る価値は十分だ。

Copyright © 2014 アメリカで働きたいエンジニア講座 All Rights Reserved.