エンジニアにとってシリコンバレーは特別な場所。なぜそこまで騒がれるのか?

アメリカと日本のエンジニアの違いとは。アメリカで働きたいエンジニアを応援します!

アメリカで働きたいエンジニア講座

エンジニアにとってのアメリカのすごさ

日本に限らず、世界中のエンジニアが目指す、IT産業先進国、アメリカ。 巨大IT産業国アメリカにあって他国にはないものとは何なのか。世界のエンジニアを惹きつけてやまないアメリカの魅力を解説する。


シリコンバレー

シリコンバレーという地名はアメリカにはない。シリコンバレーとは、地名ではなく俗称である。カリフォルニア州サンフランシスコの盆地地帯は「Valley(谷)」と呼ばれており、そこに大手コンピュータメーカーやソフトメーカーなどのIT産業や関連企業が集まっていることから、半導体の主な材料になるシリコンになぞらい「シリコンバレー」と呼ばれるようになったのだ。名前からしてまさにエンジニアにとっての聖地らしい由来といえる。

コンピューター社会への理解

今や生活のすべてにコンピューターが関わっている時代。全ての人たちが何かの形でコンピューターに便利さを感じている。だが、便利を感じることと、重要さを理解することは、また別である。大げさに言えば、使っているそのものがコンピューターであることすら理解されていない部分も否めない。現状のIT社会を支えているのはエンジニアに他ならないが、そのことに対する認識は日本ではまだ薄い。エンジニアにとって誇りある仕事でも、日本ではまだ汗を流す肉体労働に美学があるのではないだろうか。
それに引き替え、アメリカでのIT産業への信頼は厚い。高齢の女性ですら、コンピューターでの進歩を称賛し「これからの未来もよろしく」とエールを送ってくれる。

チャレンジを拒まないアメリカ

アメリカには多くの人種が住んでいる。そして現実に様々な人がアメリカンドリームを掴んでいる。もちろん掴んだ夢の数よりも、掴めずに終わる夢の方が圧倒的に多いかもしれない。ただ、どうしてそんなにも沢山の人がアメリカでの成功を追いかけるのかといえば、アメリカは新しいもの、そしてそれにチャレンジすることを正当に評価し、躊躇なく取り入れ、受け入れる文化がある。そして大手でも、中小であっても個人であっても、その功績や才能を等しく評価し、称賛する。
常に新しいものを生み続けなければならないエンジニアにとっては絶好の地といえよう。

スタートする環境が手に入る

独立や起業など日本で何かを始めようとする場合、独立する前に様々な事を準備しておかなければ、生活環境すらままならない。「今は起業準備中で、これから起業予定です」と言ったところで、いま現在、職がなければ部屋すら借りられないのが日本。
しかし、アメリカでは管理会社や不動産会社を介さず所有者が入居者を募ったりするので、個人のイメージやこれからのビジョンなどを伝えることで、その時が無収入であっても、環境を整えることが可能なのだ。どちらが思い切ったスタートにチャレンジしやすい環境かは、言うまでもない。

Copyright © 2014 アメリカで働きたいエンジニア講座 All Rights Reserved.