アメリカのGoogleやFaceBookのような会社が日本で生まれないのはなぜか。アメリカと日本のエンジニアの違い

アメリカと日本のエンジニアの違いとは。アメリカで働きたいエンジニアを応援します!

アメリカで働きたいエンジニア講座

アメリカと日本のエンジニアの違い の記事一覧

世界中の才能が集まるアメリカ。GoogleやFacebookなどの巨大サービスを生み出すのはいつもアメリカであり、日本で同レベルのものが生まれることはない。では日本のエンジニアがアメリカに比べて決定的に劣るのかと言えば、そうとも限らない。それでは、アメリカと日本の差はどこにあるのかと言えば、エンジニア自身というよりも、エンジニアを取り巻く環境に要因があると言えよう。IT技術の進歩に、エンジニアを取り巻く日本社会の価値観と概念が古いまま取り残されている感が否めない。

アメリカと日本のエンジニアの取り巻く環境の違い

アメリカと日本のエンジニアの取り巻く環境の違い 日本とアメリカ、エンジニアとして働くにあたってどれほど環境の違いがあるのか。まず、欲する人材。これに関してはどの職種、国に関しても共通するものでやはり一言に「頭のいい人材」シビアにこの人材を求める事によって、職場にいい影響を与える。では何が違うのか。雇用の形態が大きく変わってくる。これは雇用する側もそうだが、雇用される側が日本は「この会社に入社」に対し、アメリカでは「この会社のこの業務を担当するため」ということ。アメリカでは日本のように技術者が営業に部署替わりすることは稀である。そのため一つの分野に特化し、スキルアップしていけるのだ。

アメリカと日本のエンジニアの地位の違い

アメリカと日本のエンジニアの地位の違い アメリカではエンジニア達がもっともリスペクトされ、称えられる。若者に限らず、高齢の方たちでもその重要性を理解しているからだ。対して日本では、新しいものに挑戦する土台すら与えてもらえない。前例のないものに、投資するという文化が無いため、新たに生み出すチャンスが著しく少ないのだ。エンジニアへの評価もまだまだ低い。「創る」より「作る」といった、作業要員であり、足りない時、必要なときに補てんする。と、いった傾向にある。エンジニアの重要性を理解し、その傾向を変えていかなければ、日本でのエンジニアの地位は低いままだろう。

アメリカと日本のエンジニアの就業期間の違い

アメリカと日本のエンジニアの就業期間の違い 日本では一度入社すると生涯同じ場所で働く。と、言うのが一般的な考え方である。最近ではそこまで固いものではないが。対して、アメリカでは平均就業期間が3~4年と日本の平均15年に比べるととアメリカはとても短い。日本では雇用する側が「社員」として雇うのに対して、アメリカは「技術者」として雇うので、入社後の部署移動がほとんどないのが普通だ。しかし、現時点働いている会社での経験・実績を積んだ後、これからの技術者として、他社に魅力を感じると、すぐに退職してまた他の場所でのスキルアップを求めるのだ。そこが日本との大きな違いである。

アメリカと日本のエンジニアの給料の違い

アメリカと日本のエンジニアの給料の違い 日本とアメリカではIT企業に持つイメージがまるで違う。イメージだけにはとどまらず現実に違うのだが。給料にもかなりの違いがあり、日本のエンジニアの平均年収が550万円程度なのに対し、アメリカのエンジニアは750万円~800万円と遥かに高い。有給休暇も優遇されており、年間3週間~5週間が与えられていて、社員の休暇スケジュールを考慮し、会社がプロジェクトを組むといった形が一般的だ。日本での休暇は退職時の有給消化がほとんどであり、普段は1日すら休暇をもらうのをためらってしまうような環境にある。もちろん、会社の仕事スケジュールに社員が合わせるというスタイルで、アメリカとは真逆である。

Copyright © 2014 アメリカで働きたいエンジニア講座 All Rights Reserved.