アメリカと日本のエンジニアを取りまく環境の違いについて。

アメリカと日本のエンジニアの違いとは。アメリカで働きたいエンジニアを応援します!

アメリカで働きたいエンジニア講座

アメリカと日本のエンジニアの取り巻く環境の違い

働く環境、それはとても重要なポイントだ。その環境が大成につながるカギであったりもする。常に大成を収めるアメリカとスキルは高いのにアメリカには届かない日本では何が違うのか。


アメリカが雇いたくなる人材

これは国を問わずどこもそうだろう。ただどこまでそれに忠実に雇用していくかということ。そして、どこまで育てていけるかということ。
まずは「もともとの頭がいい」ということ。ここを軸に雇うか否かを考える。もともと頭が良いということは全ての仕事に無駄がない事に直結する。まず、技術の習得、更なるスキルアップは当たり前にこなす。プロジェクトに関しても、自身で問題意識を持ち、どんなものにビジネスの価値があるのかを見出す事が出来る。把握する能力だ。エンジニアとはいえ、言われるがままにコードを書くのではなく、自身が関わっていると自覚できる事も必要だ。それによって責任感が加わる。上司の確認なしで、クライアントに提出できるくらいの責任感が大事である。そういう優秀な人材は組織への良い影響をもたらすだろう。アメリカじゃなくても欲する人材だ。

アメリカの雇用形態と評価

日本では一度入った会社を定年まで勤め上げるという文化がある。もちろん文化であって、転職などは一昔前よりは当たり前になってはきたが・・・基本的には入った社内で部署が移動するなど、その業務内容は様々であり、労働生涯、色々な職種につくことがある。
それとは違い、アメリカでは会社に入っても、日本のような「この会社に属する」というよりは、「この会社の○○を担当する」というような、ひとつの分野を担当することが多い。日本のように技術者が営業へということが極めて稀なのだ。故に一社の勤続年数は極めて少なく、会社を移りながら徐々にスキルアップしていくのが多くのスタイルである。評価に関しても、何社と転々としていても、何を創り出したかが最重要なポイントであって、勤続年数が長いと評価が上がる日本とは、大きく違っている。

日本とアメリカのスキル持続の違い

日本のスキルは世界的に見ても水準は高い。だが、残念な事にそれは大学を卒業直後のことで、大半は就職後3年も経てばスキルがレベルダウンしていく傾向にある。
アメリカではエンジニアは生涯エンジニアとしてスキルアップし続ける。ソフトエンジニアが価値のある仕事だと認められているのだ。そのため、優秀なエンジニアには見合った給与を出し、コードを書き続けてもらう。
日本ではエンジニアよりもプロジェクトマネージャーに価値を見る。そのためコードを書き続けることなく昇格という形でエンジニアではなくなってしまう。それを繰り返してしまうため、コードを書き続けてスキルを上げていく人材がいないのだ。アメリカと日本のスキルの違いには互いの国の文化が深く関係してると言えるだろう。

Copyright © 2014 アメリカで働きたいエンジニア講座 All Rights Reserved.