アメリカで日本のエンジニアは通用するのか。雇用される場合はここをチェック!

アメリカと日本のエンジニアの違いとは。アメリカで働きたいエンジニアを応援します!

アメリカで働きたいエンジニア講座

アメリカでエンジニアとして働く の記事一覧

エンジニアとして世界を見たい、エンジニアとしての腕を試したい、世界中の注目を集めるメッカでスキルと経験を磨きたい、など、アメリカでの就職を目指す人も少なくはないだろう。アメリカでエンジニアとして働くために知っておくべきことをいくつか紹介する。アメリカのIT産業は、才能を受け入れることに積極的な姿勢を持っている。挑戦に対してオープンに受け入れる。しかし、あくまでもそれは「才能」に対して開かれた門であることを忘れてはならない。

アメリカでエンジニアとして働くには?

アメリカでエンジニアとして働くには? エンジニアは技術職。わざわざ日本人を雇うメリットは技術の優秀さにしかないといっても過言ではない。学歴よりも経験と技術があることが最優先である。アメリカの外資系に就職し、そこから派遣という形で親会社に渡米すれば、アメリカに転職ということも。しかし、それにも、アメリカでの努力がものを言う。どれくらいの技術を会得出来るかでアピールするしかないのだ。あとは、技術を武器にあらゆる場所でコネを作ろう。アメリカは日本より、ずっとコネ社会なのだ。とにかく能力がものを言うアメリカ。日本で基本レベル以上の技術を身につけて、そこからスタートラインに立てる。

日本のエンジニアはアメリカで通用するのか

日本のエンジニアはアメリカで通用するのか 日本のレベルは世界から見ても、とても高いところに位置している。これをコンピューターサイエンスに絞っても高い水準を保っている。そういった意味ではアメリカにいっても十分すぎるほど通用するだろう。技術面とは他に英語力にも不安を感じるが、もともと関連の専門用語には英語が多いために、さほど苦労はしない。アメリカで働くにあたって日常会話もままならないまま出る事は稀だろう。それすらクリアしていればいいのだ。しかし、レベル高く、英語力があっても働けるかどうかはまた別である。アメリカでは、企業が自身を雇用した時に生まれるメリットがいかに大きな利益を生むのかを端的に伝える必要があるのだ。

アメリカでのエンジニアとしての雇用契約

アメリカでのエンジニアとしての雇用契約 日本は雇用に関しては親切な国である。一度入社してしまえば、仕事が出来なくても守られることが多い。しかし、アメリカには優秀な人材が常に職を探し求めているため、入社できたからといって安心はしていられない。まず、雇用段階で契約書に「いつでも退職/解雇できる」という項目にサイン。そこにサインした以上、とにかくいい仕事をし続けなければならないのだ。だが、仮にリストラされたからと言ってネガティブになる必要はない。他の会社もまたリストラが当たり前なので、良い人材を常に探しているのだから。アメリカでは下を向く暇はないのだ。

Copyright © 2014 アメリカで働きたいエンジニア講座 All Rights Reserved.