アメリカでエンジニアとして働くには何が必要なのか。

アメリカと日本のエンジニアの違いとは。アメリカで働きたいエンジニアを応援します!

アメリカで働きたいエンジニア講座

アメリカでエンジニアとして働くには?

日本人がアメリカでエンジニアとして就職先を見つけるのは、難しいことなのだろうか?学歴や職歴、その中での経験や技術。就職先はどう探すのか。アメリカの様に人材が溢れる国で企業から選ばれる日本人とは?


学歴だけが重要なわけじゃない。

学歴が重要ではない。とは言っても、それなりの学歴は多少関係ある。アメリカで働くとなれば、就労ビザが必要になってくるが、この就労ビザは日本で認可大学の学士号が必要になる。だが、これはアメリカの大学である必要がないということで、就労ビザを取るのは難しくないということ。
違う方法でアメリカへ派遣という形も。まず就職というより「働く場所がアメリカ」という形だが・・・
日本でアメリカの外資系に就職し、そこから親外社への駐在という形でアメリカへ移るということもある。この場合、親会社とはいえ違う会社へ、いわば「派遣」ということ。あとは、そこで自分のスキルが認められるかどうか。認められる事ができれば、優秀な人材を手放さず、その会社へ「転職」という道が開ける。
そういった形もあるため、大層な学歴が必要になるわけではない。どんな職種でも同じように、「職歴と技術力」があれば過去の学歴がクローズアップされるわけではないのだ。
ただ語学に関しては、やはりリスニングやスピーキングはある程度達していたい。業界用語については、もともと専門用語に英語が多いために割と入りやすい。しかし、会議などに参加するには、日常会話レベルの力がなければやはり難しいだろう。

アメリカで就職するのに有利なのは?

どこの国も同じ事だと言えるが、アメリカではアメリカ国民と永住権保持者を就職最優先と考えるため、外国人の就職枠は狭いと考えていい。ではなぜ、あんなに多様な人種があの町で成功を収めるのか、働いているのか。
それは「その人を雇わなければならない必要があるか」ということ。要は、技術を認めてもらう必要がある。
だがその他にも道はある。アメリカでは日本よりもコネの強い国。推薦者が居ると居ないとでは大きな違いが出てくるのだ。

アメリカでの初動

とにかく多くの場所へ足を運ぶべきである。人とのつながりが後の就職に大きくかかわってくるアメリカでは、人脈程強いものはない。
留学という形でアメリカへ行ってるなら、教授からの認知度を高める努力を怠ってはいけないし、積極的にフォーラムなどに参加するなどして、人と知り合っていく事。後に希望企業への推薦状を書いてもらう事が出来れば、それがとても有利に働いてくれる。

とにかく技術が絶対

わざわざ日本人を雇う。このメリットを企業側が感じなければならない。それはやはりエンジニアとしての技術が優秀であること以外ないだろう。
日本にいれば、ある程度の企業ならどこでも入れるような、基本レベルを上回っていると言える事が大切だ。
就労ビザに関しても企業が「この人材はとてもここに必要だ。だから働く事を許可して欲しい」と国に提出するもの。
そのためにも卓越した技術を磨いておきたい。

Copyright © 2014 アメリカで働きたいエンジニア講座 All Rights Reserved.